じーえふメモ

バの話をしています。

コミケで爆死した企業の隠し球はバーチャルケンタウロス馬越健太郎

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106002508j:image

 

君は馬越健太郎を知っているか。

 

僕は正直知りたくなかった。こんな気持ちになるくらいなら。

 

馬越健太郎とは、自称岩本町芸能社所属の天才俳優である。

 

岩本町芸能社についてはこちらの記事を参照してもらいたい。(他サイト様へのリンクです)

 

 

 

 

君はC92の「プロジェクト名未定」または「岩本町芸能社」に気づいたか http://givemegohan.pigboat.jp/2017/08/14/

 

コミケで爆死した岩本町芸能社はいま、超元気 http://givemegohan.pigboat.jp/2017/09/13/

 

コミケで伝説を生んだ岩本町芸能社のVRアイドル「あんたま」、ユニバーサルからデビュー決定 劇場も2018年オープン http://panora.tokyo/42542/

 

 

 

 

 

この記事を読む前に、必ずこちらの記事を読んで、「あんたま」について知って欲しい。また、併せて僕の過去記事「拝啓 白藤環さん 鈴木あんずさん」も読んで頂けると嬉しい。みんな可愛くて良いコンテンツなんです。

 

f:id:grapefruituhr:20180106165628j:image

岩本町芸能社「あんたま」及び「女優部」。

 

 

 

そもそも僕はあんたまをみんなに知って欲しいが為に馬越健太郎についての記事を書いている。つらい。

 

 

 

 

僕が岩本町芸能社「あんたま」を追いかける中で、いつの間にやらひょっこりその存在を現したのがコイツである。

 

正直な話、僕は馬越健太郎が苦手であった。理由としては以下のようなものがある。

 

・ 何者なのかさっぱりわからない

 

岩本町芸能社「あんたま」がフォロワー1万人を達成したのが2017年9月24日のことである。過去記事を読んでもらえればわかると思うが、当時の勢いは凄まじいものがあり、初期の頃から追いかけてきた者達は感動という名の風呂にどっぷり浸かっていた。その余韻も冷めやらぬ2017年10月11日に彼のTwitterアカウントが作成された。しかし一切のプロフィールは無く、HPにも載ってない始末。後述するが岩本町芸能社「女優部」よりもそのお披露目が早かったことが何とも腹立たしい。なお、彼に初めてのフォロワーがついたのはそれから4日後のことである。 あんたまの生放送でその存在がほのめかされたことがきっかけであった。

 

・明らかな"ツッコミ待ち"

 

僕自身岩本町芸能社からの「新キャラ」に戸惑いながらも彼のTwitterを覗いてみれば、TSUTAYAは素晴らしいだの、窓からゴキブリが入ってきた話だの、マジで暇な男子高校生のようなツイートをしている。アイドル抱えてる事務所のタレントがレンタルCD屋に行った話とかゴキブリの話って正直どうなの。とにかく彼のTwitterを見た瞬間、僕の心は激しく拒絶反応を示した。これにツッコんではいけない、思うがままになってはいけない、と。鈴木あんずのピンショットに「後輩とデートなう。」などという虚偽の文章を添えたツイートを見た時は若干ながら殺意が湧いた。相手バーチャルの存在なんですけど。というかそもそも当時彼がバーチャルの存在なのかどうかすら判断できなかったため仕方ない話である。彼の顔はTwitterアイコンのスカしたイケメン野郎のイラス・・・写真しか無かった。

 

・当時わりと受け入れられてた

 

これは僕が斜に構えていただけの話なのかもしれないが、あんたまにあと呼ばれる方々は当時彼の存在を拒むどころかTwitterで仲良くリプライをしていたのである。あんたま界隈のファンは優しい、という話はよく聞くが、優しいんじゃなくてどっか大事な部分がバグってんじゃないのかって思った。正直。

 

 

 

これらの理由から僕は彼について一切のツイートを避けていた。そもそも公式からの扱いが会社に住み着いてるフリーターのような扱いだったし、「コミケで馬越のグッズも出したい」という旨のツイートには公式から「利益が出ないので売らない方がいいと思います!」という辛辣を通り越して悪辣なリプライを受けていた。この時ばかりは少しばかり同情した。

 

f:id:grapefruituhr:20180106010854j:image

お前の存在の方が怖かったよ。僕は。

 

 

 

しかし、そんな僕ですら無視できない事件が起きる。俗に言う「馬越健太郎生放送乱入事件」である。概要は以下の通り。

 

・2017年12月25日、クリスマス放送を兼ねて「岩本町芸能社感謝祭2017」の放送が行われた

 

・この時、日向奈央(ひなお)、栗原桜子(らっこ)、夏目ハル(ハル姉)の三人による「女優部」が初お披露目となった

 

・わきあいあいとしたトークも終盤に差し迫った頃、みんなで集合写真を撮ろう!という流れになった

 

・あんたまと女優部の五人がカメラに向かってポーズを取っている最中、画面後ろに不審者が乱入。即座にスタッフに捕らえられお縄となったが、彼こそが馬越健太郎であった。(参考:岩本町芸能社感謝祭2017 https://youtu.be/PwtWtwtVuCg 59分50秒地点)

 

問題の写真がこれである。

 

f:id:grapefruituhr:20180106010722p:image

 

f:id:grapefruituhr:20180106010513p:image

 

もうどこからツッコんでいいやら・・・初登場から首が消失してんのは何?デュラララかなんかで見たことあるけど。

 

f:id:grapefruituhr:20180106011654j:image

 

僕は少なくとも馬越健太郎の存在を「認識」していたのでいいとしても、初見の方からすれば何が起きているのかわからない恐怖を植え付けられただろう。「可愛い女の子の生放送中に突然首の無い男の上半身が写り込んだ」のである。

 

 f:id:grapefruituhr:20180106012249j:image

 

文字に起こすとチープな心霊番組のようだ。ちなみに、この事態に視聴者からのコメントで気づいた女の子達は大はしゃぎであった。なんか手とか振られてた。腹立つ。

 

しかしここまではそんなに取り沙汰する話でもない。癪に触るが、実際問題この事件によって彼の3Dモデ・・・存在が確認され、「岩本町芸能社は馬越を売っていくつもりである」というのは理解できた。いつか彼が日の目に当たる時には、ちゃんと応援しよう、とも心のどこかで思った。ほんの少しだけ。

 

 

しかし事態は予想の斜め上を通り越し、もはや地球の衛星軌道から外れる勢いで急転することになる。

 

全てが変わったのは2017年12月29日、冬コミ1日目の話であった。

 

あんたまにあの方々が「ようやく推しにお金を落とすことができる」状況になった中、結局馬越はコミケに自分のグッズをねじ込み、ウォーターオブウマコシ(水)(300ml)(500円)(裸の男が印刷されている)(直筆サイン入り)(在庫200本)と、抱いてホールドオンミー(抱き枕カバー)(1万円)の発売が決定した。当時の僕のフォロワーのツイートがこれである。

 

f:id:grapefruituhr:20180106012956j:image

 

そらな。賢明な判断だと思います。というかそれ以外なら買ってやろうという心意気が見えるだけ凄いけど。

 

そしてコミケ当日、僕も初のあんたまグッズに心を躍らせながらオタクの聖地ビッグサイトに到着。迷うことなく企業ブースのある西側へと歩みを進め、岩本町芸能社を探していると、

 

f:id:grapefruituhr:20180106013248j:image

 

あんたまフォロワー1万人達成の時の巨大な写真が。

 

エ、エモい・・・。

 

アタシ成人男性だけど泣いちゃいそう。幾多の苦難を乗り越えて二人がようやくここまで。ハシャぎにハシャいで連れのオタクと記念撮影しまくり、満足したところでようやくカウンターへ。この時点で馬越に対する意識は完全に無い。すっかり忘却の彼方であった。さぁ、あんたまに金を落とすぞ、さぁ、今こそ推しに投資するぞ────────

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106013719j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106013804j:image

 

 

 

 

 

は?

 

 

 

 

馬なんだけど。

 

 

 

 

馬越健太郎、馬なんだけど。 

 

 

理解が追いつかない。手が震える。全身から嫌な汗が吹き出る。僕の脳が、止めようとしても、目の前の状況を理解しようとする。理解しようとしてしまう。今そこにあるのは、裸の、セクシーな、馬。

 

 

馬越健太郎は馬であった。

 

正確に言うならケンタウロスと呼ばれる、上半身人間・下半身馬の獣である。思えば彼は今まで執拗に下半身を晒してこなかった。それはこの瞬間のためだけの伏線だったのだ。

 

脳細胞が"馬"に侵食されるのを顔に出さず、平静を装いつつも、会計をしているスタッフの元へ。俺は今あんたまのグッズを買いに来てるんだ。俺の中から出て行け。馬。

 

しかし人の性とは悲しいもので、つい反射的にスタッフに向かって馬越について問い合わせてしまった。

 

 

「馬越・・・馬だったんですか?」

 

 

 

スタッフ「誰も馬越のグッズ買ってくれないんですよ〜!写真とかも全然撮っていいですよ!」

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106014920j:image

 

 

 

 

 

論点はそこじゃない。僕が今聞きたいのはそんなわかりきったことじゃない。僕は今あんたまのグッズを買いに来ている。でも馬越が頭から離れない。だから正気を取り戻す為に「馬越健太郎は馬だったんですね」に対する答えが欲しい。ただ一言「馬だったんです」と言ってくれるだけでいいのに。いいのにも関わらず、

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106015403j:image

 

 

 

 あれよあれよと言う間に馬越と記念撮影する流れになり、「アタシもセクシーさなら負けてられないわよ」と対抗してセクシーポーズを取る僕。これこそが僕が馬越に対して心底動揺していた証拠である。そうじゃなきゃ企業ブースでこんなことしない。その場にいた方々のウケは取れたのでよかったものの(一番笑ってたのはスタッフさんだったが)、もしここでスベってたらこの歳で心に消えない傷を負うところであった。

 

 

 

 

 

動揺でフラつく足を殴りつけながら、とにもかくにも目当ての買い物を終えたところで、スタッフさんが買い物袋にこんな紙を忍ばせていることに気づく。馬越のプロフィールが記載された履歴書であった。 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106015936j:image

 

 

 

ケンタウロスの平均を知らないが、納得の体重である。300kg。どすこい。ちなみに力士の平均体重は160kgほど。免許・資格欄に英検4級とあるので、高校を卒業したかどうかは怪しいところだ。他にもツッコミたいところはたくさんあるが、そこらへんはこの記事を読み終えた後でゆっくりと、自分の中でツッコんで欲しい。というのも、この記事の本題はここからなのである。

 

 

 

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106020550j:image

 

履歴書の裏にはQRコードがポツリと記載されていた。

 

恐ろしいかな、現場にいた人間には、「あとでいいや」とか、「どうせホームページに繋がってんだろ」とか、そういった発想は一切湧かなかったのである。「今すぐこれを見なければいけない、1秒でも早くこの先にある真実に辿り着かなければならない」という病的な使命感に駆られたのだ。世間一般ではこれを洗脳という。

 

 

とにかくその場にいた誰よりも動揺していた僕は、西ホールの喫煙所へと移動して、煙草に火をつけた。落ち着くんだ。別のものに依存しろ。頭を冷やせ。

 

ニコチンが脳に行き渡り、少しばかり、脳がハッキリした。細胞が情報を整理し始める。

 

まず、僕は動揺している。この動揺をなんとか沈めたい。というか、僕は何故動揺しているのか、その原因を知りたい。この感情は何なのか?名前が欲しい。ただその為には、目の前にあるQRコードを読み込み、襲い来る情報の波を全て受け止めてからでなければならない。今無理に結論づけてもそれは無駄になる可能性がある。

 

そして結果的にこれは「真実 」では無かった。これから襲い来る「馬越健太郎という概念」の、ほんの一端、片鱗だったのである。

 

 では、QRコードの先にあった動画を見て欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106022105j:image

 

ドッチッタッチッドッチッタッチッ

 

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106022238p:image

 

 

馬馬馬越 馬馬馬越 馬馬馬越健太郎

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106022619p:image

 

Yeah!

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106022639p:image

 

path!

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106022829p:image

 

馬馬馬越 馬馬馬越 馬馬馬越健太郎

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106022915p:image

 

俺は天才俳優「馬越」

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106022943p:image

 

 

知らねぇ奴はモグリ

 

f:id:grapefruituhr:20180106023032p:image

 

夢見よう俺とファンタジー

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106023054p:image

 

 

お前と感じるシンパシー 

 

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106023127p:image

 

 

 馬馬馬越 馬馬馬越 馬馬馬越健太郎

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106023147p:image

 

 

こんな時代だお前ら

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106023217p:image

 

いつだってそう歌えば

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106023245p:image

 

 

見えてくるだろ光が

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106023309p:image

 

どこまでも行けるフォーエバー

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106023339p:image

 

 馬馬馬越 馬馬馬越 馬馬馬越健太郎

 

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106023359p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:grapefruituhr:20180106023456j:image

 

この企業頭おかしいんじゃねぇかな・・・

 

純粋に応援してた僕が馬鹿だったのかな・・・

 

何?知らねぇ奴はモグリって。知らねぇよ。誰だよお前。当時のフォロワー数200くらいだろ。

 

なんなのこの男は。突然現れたと思ったら?下半身が馬で?体重300kgで?馬馬馬越?

 

 

??????

 

 

なんだこいつ・・・面白いな・・・

 

 

面白い・・・面白い?

 

ひょっとしてこいつ面白いんじゃないか?

 

僕が今の今まで動揺してたのは、今までこいつを無視していた事実と、「面白い」という事実が、脳内で戦っていたということなのでは?こいつの面白さと認めたくないという気持ちが脳内で齟齬を起こしてエラーを吐いてたんじゃないか?

 

俺・・・ひょっとして・・・

 

 

馬越のこと・・・推してる・・・?

 

 

 

 

 

というのが、コミケと「馬馬馬越」を通じて僕が馬越健太郎について感じことである。もちろんこれが全てではない。例えばあんたまはメジャーデビューが決定しただけで曲が無いのに対し岩本町芸能社から初めて出た曲が馬馬馬越であるとか、言いたいことは沢山ある。ハッキリ言ってこの企業僕が思っている以上に馬鹿なんじゃないか。夏コミの爆死も必然だったのではないか。しかしこれらの事件によって岩本町芸能社をさらに好きになってしまったのも事実である。ファンに対して親切に対応してくれたスタッフさん達の笑顔を思い起こすと少し歪んで見えてきた。なお、最後にリンクを貼るが、僕は自分の気持ちに改めて整理をつける為、家に帰って徹夜で「馬馬馬越」をリミックスした。かえって動揺したが。

 

 

☆結論☆

 

僕が馬越健太郎を通じて抱いた一つの恐ろしい疑念がある。それはもしかして俺達は岩本町芸能社の手のひらの上で踊らされてるんじゃないかというものだ。夏コミの爆死も、炎上も、そこからの逆転劇も、全て計算されていたものだったのではないかと、ほんの少しはあるが、そういった感情を抱かされてしまった。しかしさすがにその可能性は限り無く低く、間違いなくアレは彼女達の努力の成果である。それは断言できる。もちろん前述の馬越健太郎乱入事件などは"仕込み"なのだろうが、要するに、そう信じている僕のようなファンにさえ、そんな悪魔の思考をチラつかせてくるほど、馬越健太郎の存在は恐ろしいものなのである。

 

 

 

 

馬越健太郎はまさに岩本町芸能社のダークホースだったということで、筆を折る。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

余談

結局馬越抱き枕は在庫5枚を完売。しかし水は100本以上売れ残ったようですね。ザマァーミロ。僕は2本買った。1000円。

 

 

 

僕はそんな訳わからんところも含めて岩本町芸能社が好きです。あんたま、女優部のみんな、スタッフのみなさん、あと馬越、頑張ってください。応援してます。今回はネタ記事でしたが、僕の純粋な気持ちについては過去記事「拝啓 白藤環さん 鈴木あんずさん」をご参照ください。きっとあんたまに興味を持って頂けると思います。

 

 

岩本町芸能社HP

http://rbc-geino.com/

 

岩本町芸能社withあんたま Twitter

https://twitter.com/rbc_geino

 

馬馬馬越 

youtu.be

 

 

馬馬馬越 GF Club Remix

youtu.be

 

https://twitter.com/grapefruit_uhr/status/946785083582640128

 

 

ぼく

https://twitter.com/grapefruit_uhr